新千葉駅 リニューアルオープン

工事中で迷路のようであった千葉駅が2016年11月にコンコース部分がオープンしました。


千葉駅は、横須賀・総武線快速、中央・総武線各駅停車、成田線、内房線、外房線の5つの
路線が乗り入れ、千葉都市モノレール、京成電鉄の千葉駅とも隣接する一大ターミナル
となっていましたが、現在の駅舎は1963年に建てられたもので老朽化しており、
また、乗降客の増加で手狭な状態となっていました。

今回新しく生まれ変わった千葉駅正面の様子です。

以前は一階の正面にJR千葉駅の改札口があったのですが
新しい建物では、駅の機能は3階へ移動しました。
3階への移動は大きなエスカレーターが設置されました。

 

以前のあのごちゃごちゃしていた旧千葉駅と比べてかなりのすっきり感!        都内の駅みたいな雰囲気です♪

 

コンコース平面図です。

もともと3階にあった西口改札口と新設される東口改札口が同一フロアで繋がることで、構内における空間認識がしやすくなり、
より円滑な移動が可能となりました。

 

ここからは改札口を通過した駅構内になります。
エスカレーターで三階へ上ると、いきなり大きな大天井が現れます

各列車のホームにむかうには階段を下りて向かいます

閉館した駅ビル「ペリエ1」の後継として駅舎内にリニューアルされました。
食料品や地域の名産品が販売されています。

今まではモノレールや京成千葉駅に入るには、一旦千葉駅の
外に出なければなりませんでしたが、今度は千葉駅コンコース部分
から、連絡通路が出来て、大変便利になりました。

モノレール連絡通路を過ぎると、京成千葉駅の改札に出られます。

そこを過ぎると、そごうデパート四階の踊り場に出て、そごう店内に
入れます。、

そごうデパート店内より、動く歩道に乗って、駐車場ビルに進み
j帰りました。

駅ビル完成時と開業時期

千葉市民の思いをステッカーに込めてのお祝いムード 千葉駅リニーアルオープンのセレモニー 千葉駅前

千葉駅前の人の流れ 千葉都市モノレールの連絡通路