信州上田城跡の紅葉


上田城南側の崖下にはかつて千曲川の緩やかで深い分流があり
天然の堀となっていました崖面がもろく崩れやすい性質だったことから
築城以来保護対策が行われて大規模な石垣が設置されています

この場所は「尼ヶ淵」といわれて上田城は尼ヶ淵城とも言われました

公園の広い場所から見ると崖の脆さがよくわかります
真田記念館では一族の活動の様子を覗うことができます