道の駅 保田小学校

 

 

 

2014年、学校としての役目を終えた保田小学校。創立より126年の歴史を受け継ぎ、
「道の駅 保田小学校」として生まれ変わりました!

体育館を使った直売所、教室を使った宿泊施設など、小学校の雰囲気を残しつつリノベーションした道の駅は、
全国的にもユニークな存在。
他にも温浴施設や公共施設、食堂を含めた都市交流施設となります。
「守る、育てる、伝える里山広場」を合言葉に、ここ鋸南町の、人・モノ・歴史・文化を集約させた
、地域活性化の交流拠点を目指します。

元の校舎をそのまま利用して道の駅「保田小学校」の名前で、利用しています

 

 

同じ様なデザインですが、左が旧保田小学校の校章。右が道の駅の商標です。

 

正面入り口から館内に、雰囲気では小学生が一列に並んで校舎へ?入ってゆきました。

左は閉校記念碑、右は保田小学校の校歌です。

 

二宮尊徳さんがまだ居ます。

 

元体育館が道の駅の売店に変身しています。

 

体育館の全景です。