伊勢撫子


伊勢撫子は、江戸時代に三重県松阪地方で改良が進んだナデシコの一種です
伊勢を経て江戸に伝わったものとも考えられています

何本にも分かれ縮れながら長く下垂する花弁が特徴で
蕾から自力では整った姿に開花しないので爪楊枝などで髪をとかすように
長く垂れた花弁は10cmから15cmほどになります